×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

留学生のための日本の脱毛店ガイド
留学生のための日本の脱毛店ガイドトップ

留学生のための脱毛店ガイド

留学、ワーキングホリデー、旅行…
外国ではまだ一般的ではない脱毛方法のフラッシュやレーザーでの脱毛ができるお店が日本にはたくさんあります。

海外から日本にお越しの方の中には日本滞在期間中に脱毛をしようと思った人もいれば、中には脱毛目的で日本にきた人もいるかもしれません。

当サイトでは留学生のみならず外国人向けの脱毛情報を掲載しています。
日本と海外では脱毛に対する考え方が根本的に違います。また「海外でワックス脱毛が主流である理由」のページにも記載の通り脱毛方法も異なります。

海外の女性はハイジニーナの脱毛をする

海外の女性はハイジニーナの脱毛は常識という方が多いです。
実はこれ男性も常識でヨーロッパでは男も女も下の毛は処理するそうです。いわゆるVIO、アンダーヘアの脱毛です。

日本だと全部のムダ毛を処理することは恥ずかしいと感じる人も多いです。例えば温泉にいって下の毛がつるつるという人はあまりみかけませんもんね。

パイパンが好きな男性も多いみたいですが、日本人女性は形を整えたりすることも多いです。
ブラジリアンワックス脱毛のサロンでも、「ダイヤ」や「スクエア」といった形に処理することも出来ます。

ただ、最近では日本の特に若い女性にはアンダーヘアを全処理する女性も多くなっています。
いずれ日本でもパイパンが当たり前になる日がくるかもしれませんよ。

そうなると逆にアンダーヘアがあると男からドン引きされる日がくるかもですね。

おしゃれではなく衛生面で処理をする海外の女性

海外の女性がアンダーヘアの毛を処理するのはおしゃれが一番の理由というわけではありません。

一番の理由は衛生面から処理します。
男性も同じで衛生面で毛が生えており、処理しないと逆に不潔とみなされます。

以前、プロサッカー選手の香川選手がテレビ番組で下の毛を全て処理している話をしていました。
試合後のシャワールームで下の毛が生えていると不潔と思われるそうです。

日本でも衛生上の問題から処理をする人は増えています。
VIOの毛を処理するとニオイの軽減、オリモノの軽減にもなります。

脇毛の処理はしない海外の女性

ハイジニーナの脱毛はするのに脇毛は処理しないというのも海外の特徴です。
ただヨーロッパの女性は毛が黒くないので、キャミソールからはみ出ていても目立たないという良さはあります。

日本人からすると脇毛ぼーぼーというのはちょっと驚きです。逆に脇毛があると興奮するという男性もいます(笑)

日本だと「ただの変態じゃん!」となると思います。

宗教上でムダ毛処理をすることもある

イスラム教では毛は不潔という考え方からムダ毛は処理するそうです。
イスラム教に詳しいわけではありませんが、聞いたところによると非常に清潔感を大事にしているらしいです。

その点でアンダーヘアの毛も汚いとみなされるためムダ毛を処理するそうですよ。

海外と日本の脱毛事情の違い

日本と海外では脱毛に対する考え方が根本的に違います。
それは脱毛をする部位にしてもそうですし、脱毛方法も異なるのです。

海外だとフラッシュやレーザー脱毛はまだ流行っていません。
日本人と同じ肌の色であるアジアでは日本のサロンがいくつかありますが、南米などでは皆無でしょう。

肌が黒いと火傷の恐れがあるためです。
そのためヨーロッパやアメリカ、ブラジルなどではワックスが主流になります。

部位も前述の通り日本の女性が脇から始めるところを海外だとVIOになります。衛生面を考慮してVIOのムダ毛を処理するのですね。

日本だと恥ずかしいとなりますが、海外だと普通です。

安く脱毛するなら比較が大事

安く脱毛をするなら比較が大事です。
しかも市レベルで比較をすることが大事になります。

例えば郡山市なら「郡山 脱毛サロン 比較」などで検索をするのが大事です。そうすると比較をしているサイトがみつかるので詳しくご覧ください。

その他の地域も「○○ 脱毛サロン 比較」とすれば比較サイトがでてくるので比較をしてサロン探しをしましょう。

※○○に地名をいれて検索をしてください。

ページの先頭へ戻る