×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

留学生のための日本の脱毛店ガイド
脱毛が完了するまでに必要な時間 トップ

海外で主流のワックス脱毛

日本で脱毛といえば自宅での自己処理を除けばフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が一般的です。

インターネットで脱毛を検索しても多くはエステサロンのフラッシュや医療機関のレーザー脱毛をしているお店が紹介されています。

例えば福岡の小倉で探そうと思ったら小倉で人気の脱毛サロンなどを調べるとワックス脱毛店は2~3店舗です。

一方で海外では国にもよりますが、ワックス脱毛が主流になっています。その理由は肌の色や毛の色が関係をしています。

外国人には使えないフラッシュ・レーザー脱毛

フラッシュやレーザー脱毛は黒に反応して毛根にエネルギーを送ります。
そのため肌が黒いと体毛ではなく肌に反応し、肌を痛めてしまうのです。

日本でも日焼けをしていると脱毛はできません。
また、色黒(地黒)の人が施術を断られたというのもよくあることです。

黒人以外でも毛の色が薄いためレーザーの光が反応しません。

外国人はワックス脱毛が常識

海外で脱毛をしようと思って店舗を探してもほとんどはワックス脱毛のお店になります。

日本にもブラジリアンワックス脱毛のサロンはありますが、まさにそれですね。
ちなみにアメリカだと顔脱毛にはスレッディングという脱毛方法もあったりします。

ブラジリアンワックスで脱毛をする海外の女性はVIOのムダ毛を処理します。

逆に脇毛はボーボーということも少なくないです。
海外のセレブで脇毛が生えていることをパパラッチされることもありますからね(笑)

一方で韓国などでは日本と同じようにエステ脱毛があります。
アジア人は毛が太いためワックス脱毛が不向きな部分があるからだと思います。

毛が太いとワックスをつけて剥がすときに痛いのです。
アメリカやヨーロッパの女性は毛が細く柔らかいのでワックス脱毛に向いています。

日本でもワックス脱毛ができるサロンは割と多いです。
全国展開をしているサロンにはありませんが、地元の個人サロンを探すと見つかるはずです。

ただサロン開店には許可が必要ありません。
そのためこういったサロンではトラブルが発生することも稀にあります。

日本でワックス脱毛をするなら協会加盟のサロンを選ぶと良いでしょう。
日本ワックス脱毛協会や日本ブラジリアンワックス協会などに加盟していれば一定の評価があるという面もあるでしょう。

それと併用してクリニック提携サロンにするとより安心できると思います。

ページの先頭へ戻る